ゼロから学ぶ「AI ✖︎ ビジネス」 by WASEDA AI Lab & KEIO Business Community

このページ内の目次

未来を担う世代が考える「AI×ビジネス」

2019/9/21(土)
KEIO Business CommunityとWASEDA AI Lab 2つの学生団体が主催のイベントがマクニカオフィスで開催されました。

冒頭では、産総研の杉村一先生の特別講義があり、またアドバイザーとして株式会社プルータス・コンサルティングのエグゼクティブ・ダイレクターの中川卓也代表取締役と早稲田大学理工学術院 先進理工学部の朝日透教授も参加されておりました。

後半は、大学を垣根を越えて、5人1組のグループに分かれ、与えられているビジネスお題をもとに「どのように”ビジネス”につなげることができるのか」を議論し発表しあうワークショップ。

まだビジネスを経験していない若い世代、ITやAIの知識量も様々な学生が集まり、最初は堅苦しかった空気も自然と和やかになり、自由な発想で活発なアイデアが飛び交かっていました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人特別講演:ゼロから学ぶ「AI ✖︎ ビジネス」 産総研の杉村一先生

早稲田大学理工学術院 先進理工学部の朝日透教授は、WASEDA-EDGE人材育成プログラム事務局長も務めており、朝日教授の授業に刺激されこのイベントに参加した学生も多数いらっしゃいました。画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)最優秀賞は・・・Aチーム!画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)最優秀チームには景品が贈呈されました。

株式会社プルータス・コンサルティングのエグゼクティブ・ダイレクターの中川卓也代表取締役から総評をいただきました

一覧最後は懇親会。授業だけでは感じ取れない様々なことを考える良いきっかけとなったようです。文系だから理系だからと限定せず、これからは文系でもプログラミングがかけ、理系でもビジネスを語ることが重要なのだと改めて感じました。

志の高い若者同士のコミュニケーションは、学生参加だけでなく我々大人たちも大きな刺激を受けました。

(WASEDA AI Lab https://www.facebook.com/wasedaailab/ )
(KEIO Business Community https://kbc-keio.org/

トップに戻る

関連記事

前へ

日経クロストレンドに「介護施設でのAI活用事例」を掲載していただきました

次へ

日経ビジネスにて「H2O.aiが、秘中の秘のアルゴリズムを無償公開するAIスタートアップ企業」として紹介されました。

Page Top