AI勉強会~Actionable AI~ 「データの前処理」

このページ内の目次

2019年8月21日(水)にマクニカ品川オフィスにて「AI勉強会~Actionable AI~ vol.2」が開催されました。本レポート記事ではイベントの様子をご紹介します。

Actionable AIとは~

このActionable AIとは 元エンジニアでコミュニティプロデューサーであるチャラ電Mitz(みっつ)さん、Ayy(あやや)さんと共同で運営をさせていただいているAIの関心、スキルアップを目的としたコミュニティイベントです。

定期的に国内外のAI最新技術や機械学習、ディープラーニングのトピックについて、楽しく情報共有・活発なディスカッションを行い、即アクションに繋がることを目的としています。また、Actionableというコミュニティ名が示すように、実ビジネスに結びつくようなトピックに関しても定期的に取り上げ、業界別・技術別にテーマを決めて課題に取り組むデータ分析ハッカソンやアイデアソンなど盛り上がる予定となっています!

ちなみにvol.1の様子は、RPABANKのサイトでも大々的にご紹介いただきました。
vol.1の様子はこちら>> https://rpa-bank.com/column/22536/

Actionable AIのロゴ

今回のテーマ「データの前処理」

AIを活用するために、最も重要なのはご存じのとおり大量のデータになります。ただし、活用するためにはその膨大な量のデータを使用することになりますが、前処理を行わなければ時間ばかりがかかり十分な成果を得ることが出来ません。今回は、AIを実用させるにあたって避けて通ることができないデータの前処理をテーマに以下のように多くの方に登壇いただきました。

タイムテーブル

内容

発表タイトル

【AIセミナー】大西さん@リアライズ

データ前処理は簡単ではない!陥りがちなワナを事例を交えてご紹介

LT:夏目さん@UiPath

RPAとAIの連携とは?ロボットにAI♡を込めて。

【AIセミナー】エンジニア佐々木さん@マクニカ

AI実践でつまずきやすいテーブルデータとの付き合い方

LT:藤井さん@アシスト

データ前処理効率化のアプローチ

LT:うっちー@マクニカ

不均衡 データとの戦い方(前処理編)

LT:BB@マクニカ

製造現場のデータをAIへ!

懇親会

デモ展示あり

セッションではセミナー形式と、LT(「Lightning Talk(s)」の頭文字を取ったもの)形式もありと、さまざまな視点からデータの前処理に対してどのようなアプローチで課題解決を行っていくのかをご紹介いただきました。

会場の様子

このコミュニティに求めていることについて

参加された方にアンケートを行った結果ですが、このコミュニティを通じてAIの技術的な学習からどうやってAIビジネスに結びつけようかを学ぶ以外に、このコミュニティでつながった方同士で情報交換をしていきたい方も多いように感じました。そのためか、懇親会の場では登壇者に意見を伺いに行く方以外にも、各々で意見交換をされている方々もいらっしゃいました。


また、このコミュニティの参加者の方々で面白いと思ったのは、もちろん、業務として導入している方やこれから利用していきたいという方がいらっしゃる一方、趣味で勉強・利用している方が約4割もいらっしゃったのは驚きました。業務とは関係なく、今後のAIの活用方法について何か面白いことがないか探し出す、まさにActionableで、一緒にAIについて知識を深めて情報交換してみてはいいかがでしょうか?

AIとのかかわり

次回も夜から品川で開催を計画しています!

いかがでしたでしょうか。このセミナーはマクニカとして運営をさせていただいておりますが、営業トークや宣伝トークなど一切なく、ただただAIに関する情報を得ながら参加者同士で楽しく交流する場として今後のAI産業が発展していければと思っております。次回は秋口(11月27日)を予定しております。AIについて一人で悩まず、一緒に学びませんか?

当日の様子については、Twitterで#A_AIと検索してみてください

トップに戻る

関連記事

前へ

macnica.aiに込めた想い

次へ

日経クロストレンドに「介護施設でのAI活用事例」を掲載していただきました

Page Top